昨今のアルバイト

昨今のアルバイト

昨今のアルバイト

昔は、アルバイトの雇用は簡単に行われ、

 

アルバイトの仕事内容も正社員や契約社員とはっきり分けられておりました。

 

アルバイトは、安易な物をずっと続けると言う仕事内容が多かったと思います。

 

しかし、世界一不景気時代が続いていると言わている昨今の日本に置いて、

 

随分アルバイトのあり方が代わってきたので、そこにポイントを置き

 

今日は話をさせて頂きます。

 

@アルバイトの雇用について

 

昔は、簡単にアルバイトなら採用されていました。

 

しかし、ずっと不景気な昨今。神奈川県の横浜市の住人達と同じ人数が失業しており、

 

その失業者がアルバイトに流れている傾向にあります。

 

そのせいか、

 

・雇用期間は1ヶ月に満たないアルバイトが増えた。

 

使い捨てですから、会社の発展には繋がりません。

 

・必要性を感じさせないスキルを求める会社がある。

 

パソコンを1割も使わない会社でパソコンスキルを求める。そして、出来ない社員に伝授するように

 

言われる。「パソコン教室にどうぞ!」と言いたくなります。

 

Aアルバイトと正社員・契約社員の垣根

 

アルバイト者のスキルが高く、正社員等のスキルが低かった場合、正社員並みの仕事を求められて、

 

正社員のフォローをさせられます。意味不明です。そのスキルの低い正社員には、プライドと言う物がないのでしょうか?

 

皆さん、家庭の事情やご自身の健康状態などにより、アルバイトを選んでいる場合があると思います。

 

そんな他人達に、安い時給で様々な事を押し付ける正社員の低レベルさには驚きを隠せません。


ホーム RSS購読 サイトマップ